<   2004年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

みっひーたんを観るの巻-2004/04/30

a0009432_23941.jpg
横浜そごう美術館に、ディック・ブルーナ展を観に行きました。
友人(牡)と。バイク、タンデムで。いいお天気の中、風とバイクという物体の存在を五感で認識し続けたのですが、これは後ろに乗ってる場合じゃないぞ、って心の片隅で思いました。意外と楽しいです。バイク。残念ながら僕の欲しいものの中では、まだまだ順位が低いのですけどね。

肝心のブルーナ展ですが、GW初日とあって多くの家族・カップルで賑わっておりました。牡といえば、子供・ママのご機嫌取り、ないしは彼女への理解をアピールするために必死になっている者ばかり(すみません、DOTEIのひがみが入っていますね)。勿論牡二人組なんて他にいるわけがありません。ただそんな牡を含む、オトナから子供まで、男女問わずブルーナの作品にくいついちゃてました。あまり見たことがない光景でした。そしてうさこちゃん初心者の僕にとっても、色々と思いがけない発見がある、楽しい個展でした。彼の作品のデザインがシンプルになっていく過程とデザインの展開、絵が全て6色(赤・黄・青・緑・茶・グレー)で描かれていること、あまりに素敵な「夜」の表現方法。こんなところに驚き、そして作品に感動しました。
もてるために(嘘)、気に入った作品のA3ポスターを購入。うん、想像以上に楽しかったです。

その後の行動はこちらで確認をば。-yoppy - spilt milk

とにかくこの日は、カップルのデートとまるで変わらないメニューを楽しみました。
恥ずかしくもなかったし、相手に気を使わずの一日に大満足です。これでまたDOTEIである期間を延ばしそうであります。

今日の銘言
「コンサルタントは阻害・促進要因を、簡単にuncontrolableと決めつけないものだ」
友人と、ぱっとしない中華料理を胃の中に流し込みながらの会話より。言い訳はいつでも、いくらでも、簡単に作り出せる。俺の仕事は神々が見ているぞ、と日々精進しようと思います。


BGM-YUKI/プリズム
涙の川を泳ぎきって、光の音に導かれて、こんな僕にたどり着いたのですが、毎日が楽しいです。愛してくれるやさしい人は、別に恋人だけではないのかなあ、と思います。まず、誰よりも自分が一番愛してくれます。勿論友人も。家族も(一部歌詞を引用)。プロデュースはアンディ・スターマー。高校1年生のときにちらっと聞き込んだJellyfishののろひが、今になって効き始めているようです。
[PR]

  by gomid | 2004-04-30 02:40 | 日記

チキンビーンズをつくる-2004/04/25

a0009432_233242.jpg
毎回毎回少ーしずつレシピを変えているんですが、今回は今までのチリビーンズの中では最も辛いものとなりました。昨年タイから持って帰ってきたカレーの元をちこっと加えてみたところ、毎回投入量が増えていく胡椒とのシナジー効果でなかなかスパイシーなよい香りが。塩辛さも一発で好みの状態にもっていくことが出来るようになったようで。今迄で一番満足のいくものとなりました。今週末は友人宅へ「帰宅」する予定だったのですが、泡盛を痛飲した結果、気がついたらいつのまにか東京の「別荘」に。非生産的な日曜日が約束されたようなものだと思っていましたが、なかなかなしめに。


BGM-姫神/風の人
土曜日にあったコンサートでアンコールでかかった曲。音楽聴いて涙したのは久しぶりでした。ちこっとこっぱずかしいくらいのストレートな歌詞に揺さぶられちまいました。使い古されたせりふですが、「君に逢うために生まれてきた」って、なかなか。なかなか。一生に一度なら、なかなかですな。
[PR]

  by gomid | 2004-04-25 23:33 | 食べもの

少年老い易く-2004/04/18

歳とったなあと感じる瞬間が、それなりに生きているとそれなりに存在する。それが肉体的なもので感じることがほとんどだろうが、今まで当然だと思っていた世界がある日がらりと別の世界に見えることで感じることもある。例えば高校野球の選手が全員幼く見えるとき。あそこは僕にとって、それこそ二十歳過ぎた後でも、お兄さんたちが磨き上げた腕を公の場で競い合う大人な世界、だった。それが22の夏、ばったりと見え方が変わってしまった。毎晩毎晩勃起してやまないちんこに戸惑い、そしてやがてはその事実に向かい合い、毎日のように慰めているのであろう血気盛んな子供たちが、途上な技術と肉体をぶつけ合い、見るもの達にこれから来るべき力のピークを想像させる若者の世界、になっていた。

ここまでが前置き。
この週末の僕は、もともと濃い目の色合いな服が好きなこともあって、ちょうどこの季節に合う服をほとんど持っていないことに気づいた(去年までの俺は何を着ていたんだろう。思い出せないな)。それでブランドの直営店やら百貨店やらセレクトショップやらを、一日かけて回ってみた。HMV、タワレコ、ヴァージン、WAVE、ディスクユニオン、レコファンと、一日かけてCDショップを回ることはある僕も、こと服に関しては久々にじっくりとお店を回ったわけで。それで、洋服屋さんの世界がこれまでとはがらりと変わっていることに気づいたんです。それにはおそらく店員の年齢が大きく影響しているようで。もうどんなお店でも、僕より若い店員がうじゃうじゃ。若めなブランドのショップに行くと、本当にみんな僕より若くて。しかも圧倒的に。○井なんざ足を踏み入れることすら出来やしない場所になっていました。お客さんも相応に若いし、別にそんな○井が悪いのではないけどね。ホスト系のお店を除き、まさか訪れることに対して気の引ける洋服屋があるなんて考えてもいなかったので、そこそこ驚き、そして自分が歳をとったことを肌で痛感したのでした。
結局高島屋にて諸々を購入。こうなったら薔薇の花の紙袋が似合うとっちゃんDOTEIを目指そうと思います。


BGM-Dragon Ash/Ice Man
Buzz Songsというアルバムのシークレットトラック。毎晩毎晩勃起してやまないちんこに戸惑っていた若かりし頃を思い出させてくれること必至な青春パンク。更にその端的でメッセージに統一感のあるその歌詞は、十分に大人たちのあらゆることへのモチベーションも喚起してくれると思います。実際それを久しぶりに聴いて、エキサイティングだから、という理由だけで今の仕事をこれからもやっていけるし、やっていきたいなあと再確認できました。最近インセンティブやらセルフアセスメントとのイベント続きで、どうもココロがお金にふれすぎていたようで。
[PR]

  by gomid | 2004-04-18 22:18 | 日記

ちょっとしたお得感-2004/04/14

晩御飯をまつやで食べた。
生活には困らないレベルの社会人としても、おっされなシチーライフにあこがれるKAPPE SPIRITな人間としてもあってはいけない絵なのだけど、今日は何もかもめんどくさくて。

キムチ豚めしなるものを頼み、頬張る。牛めし(丼)の後継者として登場した豚めし(丼)を食すのは2回目。けれども何か違うんです。なんかこう、しっくりくるというか。
いや牛肉だったんです。豚めしじゃなくて、牛めしだったんです。まつやって、限定で牛めしを販売しているようで、どうもそっちの鍋からよそったみたいです。

出来るだけ牛めしに似せようとした結果、正直牛めしのなりそこない感が否めないそのお味が苦手だった僕は、ちょっとしたお得感を得ることが出来ました。

けれども幸福感は得られませんでしたとさ。


BGM-A Tribe Called Quest/Description Of A Fool
やたらとHipしてHopするRap。スチャダラが英語でRapしちゃったらこんな感じになるのかなあ。なーんにも考えないで6時間くらい、この曲聴きながらちゃりんこかっ飛ばしたいなあ。俺は一体何から逃げたいんだ???ちなみにこの曲、Groove Armada Remixもかなりきてます。こちらは寝る前にでもお聴きあそばせ。
[PR]

  by gomid | 2004-04-14 21:50 | 食べもの

歪んだ会社愛-2004/04/13

先週末、友人主催のパーティーがあった。別の友人のライブがあったため、大幅に遅れての合流。案の上の出来上がりっぷりな皆様で、ごろんごろんとワインの空き瓶が散見。そこで追いつこうとしたのが間違いでした。差し入れたモエとアブソルート・カラントを、空腹の胃の中にざぶりと流し込んだら、あっという間でした。手始めに勝手にぺペロンチーノを大量につくり、がっつく(覚えてます)。ワイングラスを割る(うる覚え)。男女二人で話している中に無理矢理割り込む(多数)。共通の知り合いに電話をしまくる(多数)。人の上で寝る(女性ばかり)。カナダ人に対して、出川哲朗ばりの英語で喋りまくる(YouはTallねー、みたいな。関係ないけど出川の結婚ネタをテレビで観て、結婚も瞬間的にはなかなか面白いものなのかもなあと3年ぶりくらいに思いました)。もうあとは何も覚えていません。

後日友人に教えてもらった僕の素行。完全に頭がいっちゃってた僕は、プロジェクタに移されたRolling Stonesの野外ライブを観て、「○BM!、I○M!」と叫んでいたそうです。画面の上が真っ青な空、真ん中が黒いステージ空間、下が青いステージそのものので構成されていて、それがIB○社のプレゼン用資料のデザインに酷似していると主張していた模様。「大きな青」の精神は、知らぬ間に僕の心の奥まで染み渡っているのでしょうか。


BGM-Yves Montand/La Vie En Rose(バラ色の人生)
がしがし仕事をしながら、びしびし遊び、ゆらゆらと心と体を休める。僕にとってのバラ色の人生って、そんなめりはりのききまくった毎日の連続なのだと思います。なんか当たり前のコト言ってますね。。
[PR]

  by gomid | 2004-04-13 22:26 | 日記

雑感-2004/04/09

生き物が出す音で、もっとも生き物らしい音は、おそらく食べ物を食べる音なのではないだろうか。機械で実現し得ないし、する必要のない音ですから。そう考えると、ちょっぴり肥えめなおじさんが隣でご飯をほおばるぴちゃくちゃ音もいとおしくなってくる。

んなわけないし。もう今日はすっごく不愉快。


BGM-Chi-Lites/Are You My Woman?
Beyonceのヒット曲、Crazy In Loveでど派手にサンプリングされてた黒々としてファンキーなディスコソング。リズムに乗ってすぱんすぱんと歩きたいですねえ。不愉快なことなど忘れて。
[PR]

  by gomid | 2004-04-09 13:37 | 日記

NEVERISTの世界の納豆(第002回)-2004/04/06

肉も大好きなんです。でも人生最後のご飯、から揚げと納豆、どちらかおかずにして食べなさい、
と言われたら、今の時点では悩んだ末納豆を選びます。今年28歳。そんな自分を18歳の自分が見たら、なんと思うのでしょうね。願わくば、いつまでも18歳の自分に、「若いねえ」と言われるようにありたいです。
a0009432_212757.jpg

■本場水戸納豆 丹精(くめ・クォリティ・プロダクツ(株))
国産(遺伝子組み換えなし)40g×2 *すみません、値段は忘れました。。

総評:騙された感、強し
においを抑えた、というだけあって、味、粘り共に癖のないさらさら感が溢れる小粒納豆。NEVERISTとしてはかき混ぜる割り箸が折れてしまうほどの粘りを求めてしまうので、それだけで評価は低くなります。しかも美味さの決め手が納豆には無く(癖がないのだから、納豆に主張がない)、どうも「だし」や、薬味にあるような。納豆そのもので勝負せずに付加価値商売をしているようで、騙された気分が拭いきれません。
まあよく言えば、毎日意識せずに、「そこにあるから」という理由だけでさらさら食べられる納豆なんですがね。

・粘り           3
・におい          3
・食感           3
・深み           2
・コストパフォーマンス  2


BGM-原田知世/ロマンス
毎週末昼間に必ず聴く曲。トーレ・ヨハンソンプロデュースの何から何まで透き通った曲。こんな日曜日を送りたいと思い続けて8年。僕の休日生活はいつになったらさらさら匂い抑え目になるのだろうか。いや、なりはしない。
[PR]

  by gomid | 2004-04-06 21:29 | 食べもの

終了-2004/04/05

ルームシェア話をコアな内容に据え、スタートさせたミライハコブネ。昨日冷たい雨の中行われた、同居人候補者だったm@ro氏との一本勝負。今日も引き分け狙いの僕は、試合終了間近にほっとしチカラを抜き、そこにm@roが(ご)面(なさい)を一撃。あえなく一本負け。

つまり、ルームシェアはなくなりましたとさ。
しかし。
僕がDOTEI MINDとKAPPE SPIRITを持ち続ける限り、ミライハコブネプロジェクトは終わりません。

てか、最初の2回だけじゃん。ルームシェアの話してるの。

BGM-David Bowie/Strangers When We Meet
明るい別れ話、みたいな。これが入っているアルバム、評判悪いよなあ。僕はこのアルバムが一番好きです。
[PR]

  by gomid | 2004-04-05 01:03 | ルームシェア

新しいものが最良なわけではない-2004/4/2

友人とMSN Messengerのさまざまな機能を試して遊ぶ。自分が聴いている音楽をP2Pで相手に聞かせることができるサービスがあり、実施するためにウィザードに従ったのが間違いだった。WindowsのUpdateの結果、ネット接続スピードがナローバンド並みに。Yahoo!を表示するのに2分待つ状態。最新のソリューションをコンサルタントに勧められ導入し、結果パフォーマンスが減少してしまった企業の気持ちが少しだけわかったような気がした。元に戻すにはリスクもコストもかかってしまうのだよね。

新しさは製品・サービスの秀逸性に直結しない。新しいことが一番の売りであるモノ・コトには気をつけよう。


BGM-Thalia/I Want You
今年から「笑顔のかわいさ」を女性の評価基準に組み込むことにしたのだが、そのきっかけを作ったのがThalia嬢。プロモ見る限り、しぐさは特に素敵なわけではないのだが、笑顔一つで全ての至らなさが帳消しになってます。嫌なことは、反省し、対応を考えた後に、かわいいコを見て忘れるのが一番。
[PR]

  by gomid | 2004-04-02 01:25 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE