<   2004年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

夏がやってくるな-2004/05/29

つけっぱだったPCが全力ノンストップで奏でるファンの音で8時に起床。
たしかな室温の上昇と夏の近づきを、ファンの音が知らせてくれました。

また今年もDOTEIの夏がやってきます。
今夏は誰と「俺たちが組めば最強だよなっ」コンビを組んで挑もうかなあ。

アド街に出ていたTXの八塩圭子アナがCXのめざましどようびに。フリーになっとったんですね。きんきん仕込みのシュールなコメントを連発してました。
そして恋のから騒ぎに出ていた小林麻央も同番組で。こちらからは懐かしさと時の移り変わりだけを感じました。

まあ、早起き分の3文ってのはこんなもんでした。


BGM-BEASTIE BOYS/Ch-Check It Out
「チェ、チェチェッチェッチェ、チェキラ!」って自分でやっちゃってるのがキュートなテンション高めの曲。こりゃ日本で流行るだろうなー。誰でも一緒に歌えるもん。チェキラーって。しっかしMIKE D、声たかっ!(品評がひどすぎるな・・・) しかし彼らは「BOYS」ってのがしっくりきてますね。少年隊(ry
[PR]

  by gomid | 2004-05-29 09:14 | 日記

2ちゃんが奏でた恋のドラマ-2004/05/28

最近まともにお仕事をしていない僕は、eLearningについてマジメにディスカッションしているおっちゃん二人を尻目に、こんなサイトを覗いていた。
【電車男 緊急指令 「めしどこか たのむ」】

で、コメントを2点だけ。

・このコンテンツは、新しい形の小説の示唆になっている。
人称の違いや言葉遣いの違い(話し言葉/書き言葉)による表現の形以外にも、
日記や手紙の積み重ねからなる小説、誰かとの対話からなる小説といったような、モノを語る基盤により生まれる表現の形が存在する。上記コンテンツは2ちゃんのあるスレを編集したものであるが、その編集により「BBSのコメントの積み重ねからなる小説」になっている。その効果は、日記や手紙で得られるのと同様の現実感、コメントを一つ一つ追っていくことによる緊迫感、読んでいる(つまりロムってる)自分と同列の人間が参加していることによる臨場感等が圧倒的に増すことにあると思う。村上龍あたりが書いてくれないかなあ。

・泣ける。

以上。


BGM-globe/Love Again
僕の胸の中に再び女の子へのLoveがやってくるのは、1万光年先のような気がしてしようがないです。この歌は、真夜中に無目的に大久保通りを自転車でかっ飛ばしながらよく聴いてました。涼しくて、うきうきして、とても澄んだアレンジに、オトナな愛情表現とコドモの無邪気さが入り混じった歌詞が乗っかってます。当時の僕は、そんなところから「いてもたってもいられなさ」や、「都会の風(KAPPEなもんで勘弁してください)」みたいなものを感じ取っていたようです。globeの作品ではずば抜けて美しいラブソングだと思います。
[PR]

  by gomid | 2004-05-28 04:50

ちびっこコンサルタントの雑感、というか、メモ-2004/05/27

豊かさについて、ひどくおおざっぱに考える。

定量的豊かさは相対的なものだと思う。
定量的な豊かさの「量」(資源、知識・技能)は増加していくこともあるだろうが、その豊かさを測る基準は、過去の自分か現在の周りの人間だからだ。
特に「資源」は有限であり、誰かが多く持てば、誰かが少なく持たざるを得ない。資源以外にしても、そこには豊かさの評価軸が同じである限り、必ず差が生じることになる(よほどユニークな嗜好を持たない限り、豊かさの評価軸が誰とも重ならない人間はいないはずだ)。

定性的豊かさ(満足感、幸福感等)には絶対的なものと相対的なものがあるのだと思う。
ただし誰かの絶対的な定性的豊かさを感じる行為が、別の誰かの絶対的な定性的豊かさに悪影響を与えることが往々にしてある。例えばA君と付き合ったBさんは、幸福感を感じるだろうが、A君のことが好きなCさんは、不幸感を感じることになる。

そうすると、ある集団の人間が同時に豊かさを感じること、みんなが笑顔でいられることは、とても難しいことであることが想像できる。
そんな状況の中、個人や個人により構成される組織はせいぜい現状を認識し(させ)、納得する(させる)努力をすることくらいしかできなくて、本当はその「認識と納得」のためのプロセスが人間にとって最も大事なのではないかと思う。

僕はこれから少なくとも数年は、コンサルタントとして働いていくつもりだ。
コンサルタントであるうちは、「みんながHappyになる仕組みを作りたい!」なんて死んでも言わないようにしようと思うのだ。そのかわり、豊かさを味わう機会と、味わうためのチャンスを最大化するような仕組み、そして自分の評価や処遇に納得するプロセスを、じっくりと考えることが出来るコンサルタントになろうと思う。


BGM-宇多田ヒカル/誰かの願いが叶うころ
"誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ みんなの願いは同時には叶わない"
とても勇気のあるヒトだと思いました。「地球のみんなが幸せになりますように!」なんていうヒトばかりの中。ここからスタートしないと中東問題だって解決しないんじゃないのか、って思ってみたり。
ピアノメインで、静かに歌が進みます。彼女の強いのに細い声と、サビの突拍子もないメロディーの上がりっぷりが、全体的に情念のこもった歌詞を中和し、聴く人によって色々な世界を見せてくれると思います。ステキな曲は今までもあったけど、宇多田で初めて好きだなと思えた曲でした。
[PR]

  by gomid | 2004-05-27 02:11 | 日記

シャ・ラ・ラ-2004/5/25

先週末はカイシャのセンパイ5人と伊豆へ旅行に行きました。帰りはドライバーが自分の家まで運転して、メンバーが一人ずつ抜けていくカタチになりました。唯一運転のできない僕は、最後に唯一女性で参加したセンパイに送ってもらいました。工事渋滞で延々とテールランプが続く首都高の上、まる二日間でしゃべり疲れた僕らは無言でした。ラジオからはつじあやのと奥田民生が歌うシャ・ラ・ラがかかっていました。なぜだかわからないけど、涙が一粒だけこぼれました。それに気づかれないように、月曜日からの仕事の話をたくさんしました。時間が遅くなっていたこともあって、家まで送ってもらわずに、山手線が走る駅で車を降りました。

本当は、涙がこぼれた理由も、僕はわかっているのかもしれないです。
とても楽しかった二日間でした。


BGM-つじあやの with 奥田民生/シャ・ラ・ラ
ビブラートのかからない二人の声が、ストレートにせつないメロディーを届けてくれます。聴き方を押し付けない、聴く人の感情の媒体となる素敵な歌になっています。原曲のサザン版は、原由子の全てを受け止めるかのような歌声と、桑田の「桑田の物真似か?」と思ってしまうほど舌を巻いた歌声が、しようもないけど好きあっている男女二人、みたいな絵が見える、なんだかくすぐったい仕上がりになっています。どちらも、とてもピュアで素敵なラブソングだと思います。
[PR]

  by gomid | 2004-05-25 01:12 | 日記

Generation Gapのありきたりな話-2004/05/20

通勤途中の電車での話。

高校を卒業して間もない(と思われる)女の子たち5,6人が乗り込んできたんです。彼女らは肥えるため(と思われる)にせっせとイモとハンバーガーを口に運んでいるんですね。車内で。マナーの問題はさておいて、まあわりと典型的(といわれている)タイプのコたちで。興味がないのでさっと見た後は気にしてなかったのですが、突然その塊の中から「わたしって民族派だからさー」との声が聞こえたんです。「は!同志??」と思わず目をやったのですが、別の誰かが「あたい(演出です)はオネエ派~」と。よく見ると民族派同志は頭にマキモノを腰には布を。あーエスニック風なファッションが好きなのね、と。

TMって言ったらNetworkのことですから!すみれセプテンバーラブは一風堂の歌ですから!!わがまま女子高校生系アイドルと言えば、シャンプーですから!!!


BGM-TM Network/Be Together
あみーごの歌じゃありませんから!!!!
[PR]

  by gomid | 2004-05-20 02:31 | 日記

20世紀少年~ネタバレしないように、気をつけます-2004/05/12

「20世紀少年」の最新巻を読んだ。

ネタバレになるので細かい話はしませんが、"ともだち"のコンプレックスって、底に流れいるものが僕のKAPPE SPIRITと一緒なんですよね。もちろんそのコンプレックスだってこの漫画をの本質を構成するキーワードの一つでしかないんだろうけど、あの時に、あの状況で手に入れたかったものって、一生後を引いて自分を追いかけてくるものだと思うんです。他人事じゃないなあと。KAPPE SPIRITから溢れてくる欲求を満たす努力は、歳をとってもできることではあります。ただし、今、満たせば満たすほど、手に入れることは出来ない、田舎にいた時の都会ライフスタイルが輝きを増すのです。

では僕が得ることが出来なかったおもひで(おもひでがほしいのかわからないなあ。。)を手に入れるためにバブル時代の世界を再現出来るものなら、どのような構成要素で塗り固めたいのかなあと、おもいつくままにあげてみたのですが:

河田町
マハラジャ
とんねるず
タモリンピック
内定による拘束
VAN
カフェバー
ソバージュ
金魂巻
テクノカット
中尊寺ゆつこ
元気が出るテレビ
経費で飲み
テニスサークル
レンタルビデオ

ほんとか?おれは、本当にこれらが好きなのか??

といいつつ、次に引越すのは河田町もありだなあ、と、よぎってみたり、みなかったり。
JD HEAVENなんか、通ってみちゃったり!みたいな~。

KAPPEはやめられないっすな。


BGM-Michael Fortunati/Give Me Up
ユーロ系とかいうのですか?Avexが当時がんばって新しい洋楽を広めていたようですが、デスコで大ヒットしたそうです。すみません、KAPPEなもので、全部伝聞調になってしまいます。ユーロだか友路なんだか知らないですけど、そのメロディーのメロウさやサビの爽快さといい、それを支える単調でなるべくアナログでなくしたうすっぺらいアレンジ(ほめ言葉です)といい、テクノポップの一完成型なのじゃないかなと思っております。だって、楽しい気分になりますからね。わかりやすくて。
Babeにより日本語カバーされていますが、こちらはただ懐かしさを感じるだけで、ただただチープ(ほめ言葉じゃないです)なつくり。
[PR]

  by gomid | 2004-05-12 23:55 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE