<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

診断結果-2005/05/30

ここんとこ1週間、微妙に具合が悪いのが続いていたので、仕事の合間に病院に行って来ました。

風邪かと思いきや、診断結果は「慢性疲労」。
「長時間かけて、今期よく治すしかない」そうです。

おいおいなんだ俺、はしゃぎすぎ??
[PR]

  by gomid | 2005-05-30 20:04 | 日記

でもやっぱこっちのほうが-2005/05/27

うわ、超燃える!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00000151-mai-int
[PR]

  by gomid | 2005-05-27 00:51 | 日記

地味にショックなんですよ-2005/05/27

顔のむくみが一向に消えないと思ってたら、単に太っただけだったということに気づいたとか、
明日スタートのプロジェクトの延期が、先ほど決定されたとか、
6月からAT限定の二輪免許プログラムが開始するとか、
家でめがねをなくしてから1週間、出てくる気配が全くないとか、
ここんとこすがすがしい朝ってのを迎えた記憶がまったくないこととか、
何にせよ先行きが真っ暗だということとか、

そんなことよりも効いたのは、kiroro金城女史のケコンund妊娠報道でしたのよほんとうに。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050525-00000031-sanspo-ent

天然キャラに関しては余り魅かれるものはないのですが実は顔つきが好みだったりしてですねそれにピアノが弾けるってんですから一緒に暮らした日にゃ毎日僕が歌いたい歌の伴奏をそれもしっかとココロのこもった伴奏をしてくれるわけですよそして二人の何よりのお気に入りソングは長い間だっつう話で実は隣で伴奏している彼女にむかって歌っているのだよいつもうふふ知ってた?なんて似合わないぶりっこを僕のほうが先に出してみたりしてそんな二人の生活は音楽と笑顔に包まれぎすぎすした空気が好きだと嘯く僕にとっては意外ではあったけれどもそれもなかなかしやわせなのかもしれないなあと気づいたのは僕が32歳の頃だったんだよと物心ついた弟の子供に語って聞かせるというビジョンが見えていたり見えていなかったりしたんです。

うんそうなの、僕、疲れてるの。
[PR]

  by gomid | 2005-05-27 00:28 | 日記

夏ですか夏ですね-2005/05/25

渋谷にあるサテライトオフィスで仕事をしていたときのこと。

エレベーター待ちのOLが、男性先輩社員が持っているスタバのアイスコーヒーを見て、
「もう、アイスコーヒーの季節なんですね」
と言ったそのセリフに夏を感じました。

読めば読むほど、どうでもいいセリフだし、どうでもいいエントリーですね。
[PR]

  by gomid | 2005-05-25 22:56 | 日記

1時間目-2005/05/22

夕方、普通二輪免許取得のための初授業を受けてきました。

エンジンかけて、ブレーキ握って踏んで、アクセルふかして、クラッチ握ってギアチェンジしてと、一連の動作をセンタースタンドでバイクを立てながら行っただけなんですが、正直びびりました。

バイクがあんな獰猛な獣のような代物だと思いませんでした。
生き物に例えてマイバイクを語る人たちの気持ちがわかりました。
ザリガニ一匹まともに育てられない僕に、あやつを飼いならすことができるのか、激しく不安になりました。

来週は2時間乗ってきます。

ああ不安だ。
[PR]

  by gomid | 2005-05-22 19:53 | 日記

伝統的な若手~中堅サラリーマンのレジャー(自称)-2005/05/21

5月21日は、同居人と家の内外であやしくつるんで遊んだ一日でした。

遅く起きた土曜日の正午、考えることを放棄した状態で、昨晩の酒をひきずったむくんだ顔をなでながら王様のブランチを観ていると、ぬるくて動かない部屋の空気と直接触れ合っている頭から足までの肌の皮が、それが必要なことでもなければ楽しいものでもないということにいらいらもさもさし始めました。よくある話ですけど。

全身をうすーく包んでいる通気性の悪い皮みたいなものを溶かしてなくすために、同時にいらいらもさもさし始めた同居人と、ものすごい勢いで部屋の掃除、皿洗い、洗濯を行い、それでも飽き足らない僕たちは、ちゃっちゃと着替えて神宮外苑のバッセンへ繰り出しました。藤井、上原を相手に60球打ち込み、棒で球をたたっきる行為の面白さの気づき、少しの汗と爽快感、そして右手親指のまめを獲得することができました。

晩飯は焼肉にせざるを得ないと、自称ダイエッター二人はバッセンに向かう道すがら固く心に決めていたのですが、せっかく神宮に来たのだからと、トラジに行く前に球場で一杯ひっかけることに。カードは日本中の野球ファン最注目の一戦、ヤクルト対オリッテツです。
a0009432_429821.jpg


オリッテツサイドに陣取ったのですが、さすがは人気球団、土曜の夜のレフトスタンドは、一面青一色に染まっていました。
a0009432_4305020.jpg


で、まずはビールを注文せねばとビールタンクを背負った女性に声をかけたところ、彼女は目の前の空いている席にどっこいしょと座り、授乳スタイルで一番搾りを注いでくれました。
a0009432_4292966.jpg


これはきっと、「搾りたて」を前面に押し出すための演出なんだろうなあと思いつつ、穏やかの彼女の横顔に見入ってしまい、肝心の野球はしばらくそっちのけでした。いや、彼ら選手たちもケアレスミスなプレーの連発、更に延長戦にしてしまうという観客そっちのけっぷりを大いに発揮していましたので、それでよかったのかもしれませんけどね。

試合のあまりのたるさに22時過ぎに球場を後にし、恵比寿のトラジ本店へ。
とにかっく今日はがっつこうと食べたいものをガシガシ注文していったのですが、来たお皿をテーブルに並べてみると、肉と野菜のバランスがなかなかなもので。あららあたしたち、ずいぶんと大人になったものだわねと、変に感心してしまいました。

その後家に着くやいなやウイイレ対戦。スコアレスドローが続く、緊張感の割りに満足感のない試合が続きに続き、この時間に至ったわけであります。


まあ変な話、今日は何も予定がなかったおかげでやたらと充実した一日になりました。よかったよかった。リーマンの見本的な余暇活動、これからも大いに楽しんでいこうと、固く心に誓ったのであります。
[PR]

  by gomid | 2005-05-21 23:00 | 日記

GWの前後にあったことを写真で(その五)-2005/05/07

5/2のこと。

ミライハコブネが、片付きました。

まあ、こんなもんすかね。
a0009432_16133959.jpg

今後は更にシルバーを導入し、とことん無機質にいきたいと思ってます。
課題は、CDが多くの場所をとっていること&景観のシンプルさを阻害していること。
けどやっぱ、CDはCDで持っていたいのです。しかたないす。
[PR]

  by gomid | 2005-05-07 16:13 | ミライハコブネ

GWの前後にあったことを写真で(その四)-2005/05/07

4/30のこと。

29日のTommy料理教室の際、みなのまえで、「GWのGは、料理のG!」と啖呵をきってしまったこともあり、鍋も冷めぬうちにと習いたてのアジアン料理を作ってみることにしました。

中目の東急のスーパー(高いほう)に行き、亜細亜な調味料を購入。安い方で食材を購入。それでも足らないものがあり、アジアの極東で極南の料理を作り続けるTommy女史の苦悩が、瞬間的にうかがい知れました。この日は特にタイ米を調達できなかったことが、悲しいところでありました。

して、メニューは、アヤムシオとカオマンガイ。不器用な僕はきっと調理に時間をかけてしまうことを予想し、習った料理の中でも、手のかからない料理を選びました。

お客様として、同居人・My料理師匠のフGと腐れ縁見込みのシバTに食べてもらおうと思っていたのですが、急遽連絡をくれたTetsuro-sanカップルにも来て頂くことに。

んで、ろくに接客もせずに手間暇かけて出来上がった料理がこちら。前エントリーと比べてみてください。そんな、悪かないでしょ?

・アヤムシオ。Gravyソースが大好評。ツカエル!!
a0009432_15533596.jpg


・カオマンガイ。残念ながら日本米で炊いたのですが、異国のかほりは減ったものの、美味しいのには変わらないってところでした。つうか、土鍋で炊いただけで、様になるんですよね。ツカエル!!
a0009432_1555982.jpg


皆ばくばくと、あっちゅうまに召し上がってくれました。うれしいですそういうの。

その後はシバTレコメンドの音楽をかけかけ、プロジェクタでウイイレ&ファミスタ。
The Sim Redmond Bandは、トロピカーナなのに、涼しさが滲み出る曲を奏でる素敵なバンドです。

下はファミスタでフGにコールド負けしたシバT。イラン代表ユニフォームとウクレレの取り合わせが、意外とインテリな雰囲気を醸し出してます。
a0009432_1559750.jpg


東京でだって、ゆとりを感じることができるのだと感じた1日でした。
[PR]

  by gomid | 2005-05-07 16:03 | 食べもの

GWの前後にあったことを写真で(その三)-2005/05/07

4/29のこと。

料理研究家であり、友人であるTOMMYせんせい主催のアジアン料理教室に参加し、たっぷりとエキゾチックな料理を教わってきました。

この教室は、TOMMYがGW中に香港の日本人マダム達に東南アジアの料理を教えに行くことになって、彼女のオリジナルプログラムのリハーサルを仲間内で試してみようではないか、ということで、開かれたわけですが。春とは思えない暑さの午後2時、男2人女4人が色とりどりのエイプロンを引っさげ、相模大野に集合したのでした。

TOMMYせんせい。学生時代から、彼女のことを「せんせい」と呼んでみたかったんだよな。
a0009432_1212064.jpg


エプロン姿の、おねだりワイフな、TKNY氏。
a0009432_11582153.jpg


作る料理に関する簡単なブリーフィングの後、とにかく調理開始。7人が切ったり擦ったり漬けたり刺したりに没頭。せっかく新しい料理を習いに来ているのに、にんにくのみじん切りをてんこ盛りに作るというタスクを請け負ってしまった要領の悪い僕でしたが、7、8人分の料理に使うにんにくをみじん切りにしていると、若干トランスが入ってきてですね、瞳孔開き気味に作業に熱中するのはなかなかに気持ちのよいものでした。

んで、作ったのが、これです。
・Popiah (福建風生春巻き)。皮はクレープ風。春巻きは、作るのがとっても面白い。そして、作る人の性格が出る。
a0009432_1157038.jpg


・Ayam Sioh (鶏肉のタマリンドグレイビーソース煮)。たまねぎやにんにく、しょうが、タマリンドペースト等を、時間をかけてじっくりと煮込んで作ったソースが、もう絶品。鶏肉でお茶碗3杯、ソースでどんぶり1杯はカタい。
a0009432_12155599.jpg


・Laksa Lemak (ライスヌードルのスパイシーココナッツスープ)。これは正直、あまり手伝えなかったんですが。使うスパイスの種類が多くて、あっちゅうまにキッチンが南化していきました。ココナツミルクのおかげでそこまで辛さを感じないのですが、気がつくとみんなの額から汗がじんわりと出ていました。これを作れるようになると、いっぱしの「料理できるヒト」なのかな。
a0009432_1221119.jpg


・カオマンガイ(鶏の土鍋炊き込みご飯)。黒酢ベースのソースをかけて食べます。タイ米独特の香りが、食欲をそそります。ってか、まずいわけないじゃんこれ。
a0009432_12241153.jpg


・豆乳しぐれプリン 桜龍(オウロン)ソース。豆乳プリンには、大根おろしが入ってます。これが驚くほどさわやかで。甘いもの苦手な僕も、こいつはお気に入り。また、ソースの材料である龍眼は、思い出の味だったりして、ちょっぴりセンチに。
a0009432_12272178.jpg


調理後は、食事会→おしゃべり(ほぼノンアルコール!)という必勝の方程式へ。女性たちのシャベリの勢いがすさまじいのなんの。人見知りが激しい僕は、終始圧倒されっぱなし。料理の前・中・後を、目一杯楽しんだ一日でした。

Tommy、こんな機会を作ってくれてありがとう。香港を楽しんできてね。
[PR]

  by gomid | 2005-05-07 12:32 | 食べもの

GWの前後にあったことを写真で(その二)-2005/05/07

4/25のこと。

JR福知山線のむごい事故があった日、友人や家族にこんな写真を送ってしまい、ご心配をかけてしまったようです。
a0009432_11475665.jpg


こんな顔の後に言うのもなんですが、ああいった出来事を、できる限り「他人事じゃなく」感じることができるような人間であり続けたいです。
[PR]

  by gomid | 2005-05-07 11:50 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE