<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

久々に慄然-2005/06/29

朝起きたら、枕元にDars(ビター)が、チョコレート本体、箱ともに散乱していました。
そして、ベッドの上はびっしょびしょでした。

起きたときには、一瞬何が起こったのかさっぱりわからなかったのですが、晩御飯をまともに食べていなかったこと、朝起きると体中蚊に刺されまくっていたこと、冷凍庫の氷が激減していたことから、ある程度状況を察することができました。

以下推測。
・真夜中、窓開けっ放しで寝ていた僕の部屋に大量の蚊が襲来。
・パンツ一枚で寝ていた僕は、彼らの格好の餌食に。
・暑さもさるところ、えぐいところを色々刺されて余りの痒さに起き上がる。
・冷凍庫の中を荒らして、氷を取り出すと、その下からDarsを発見。
・大量の氷とDarsを持ち、ベッドに戻り、体の上に氷をばら撒き、Darsを食す。
・痒みも暑さも薄れ、おなかも満足、また深い眠りにつく。

正気な時でも無謀な傾向にある僕ですが、寝ているときの僕は、破滅志向を手に入れる模様です。
[PR]

  by gomid | 2005-06-29 15:23 | 日記

サイトー@多摩川-2005/06/28

a0009432_1182676.jpg

日曜日に、多摩川で肉焼いたり野菜焼いたり、頭痛がするのは酒が足りないせいだと思い、ビールで重いお腹に泡盛をがっつり流し込んだり、インラインスケート乗って大いにこけたり、川魚に陸から威嚇したり、友人がサングラスをぽきぽき追ってるのをけたけたしながら眺めたり、ちょっとだけ日に焼けたりしたときに撮った写真です。

総じてかなり面白かったです。とても疲れたけど。
[PR]

  by gomid | 2005-06-28 01:20 | 日記

最近の手料理事情-2005/06/19

なんだかんだで、休日によく料理をしています。

ここのところ、完全な休日が一日もない状態が続いているので、あまり凝った料理を作っているわけではないのだけれど、人が来るってので気合入れて新しい料理を作ってみたり、家にあるありものを使って、適当に作ってみたり、どちらにせよ料理を楽しんでいます。写真も溜まったので、以下ぺろんぺろんと。

GW最終日に、次の日に開店した大友人のラーメン屋に行って来たのですが、そこでラーメンをちこっと作らせてもらいました。下は、天空切りに対抗した僕の湯切りスタイル。
a0009432_13211030.jpg

関西初進出のがんこラーメン(18代目)。大阪にいる方、行く方はお立ち寄りを。相当美味しいです。だしのききっぷりが、尋常じゃありません。

5月末に作った、しめじのツナ?のトマトソーススパゲティ。なぜうちにしめじがあったのか、思い出せない・・・。
a0009432_132439.jpg


5月末に作った、しめじとベーコンのペペロンチーノスパゲティ。どうやら相当量のしめじがうちに存在していたようだけど、やっぱりなぜなのか思い出せない。
a0009432_13254213.jpg


6月上旬の会社の同期との定例会で作った、得意のカオマンガイ(鶏の炊き込みご飯)。これは簡単で、とても美味しい。決め手は、あとがけのタイ風ソース。ちょっとすっぱくて、さっぱりしているのだけど、ご飯にかけると、めちゃめちゃうまみを放出しまくります。ちなみに右隣のパスタは、冷製カッペリーニキャビアのせ。同居人が作りました。こいつもさっぱりおいしい。非常に上品。
a0009432_13283453.jpg



上記定例会で出した、ビシソワーズ。初挑戦のため味加減の感覚がわからずにとても不安だったのだけど、僕らしくなく、そうとういけました。ツカエル!料理認定です。盛ってきれいなグラスがほしいなと思いました。
a0009432_13371889.jpg



先週、ありもので作ったトマトソースパスタ。たまねぎをじっくりバターでいため、大き目の生唐辛子とマッシュルームをトマトソースにどぼん。意図してなかったのですが、味はまんまナポリタンでした。ケチャップ使わない高級志向なナポリタン。なつか美味しかった。
a0009432_13404944.jpg

[PR]

  by gomid | 2005-06-19 13:43 | 食べもの

タナカヒローシ-2005/06/19

随分前の話ですが、友人Sちゃんと、タナカヒロシの全てを観ました。

人間誰しも避けて通れない不幸だったり、ちょっとした不運の積み重ねを、何か違うなあって顔で、ほぼ全部を受け容れていくタナカヒロシが、不器用でひどく人間らしく感じました。

出演者の中では、昭和のいるこいると小島聖が、主人公の鳥肌よりよかったと思う。
あと矢沢心が、役柄とマッチしすぎていてちょっとひきました。
鳥肌は、おしい。励め。

そういや主な撮影場所が自宅徒歩5分圏内のところばかりで。観客も徒歩5分圏内で見かけるタイプの人たちで。我が家の周りはそんなあれげな趣なスポットだったのねと、ちょっと意外でした。これからは、最寄り駅を聞かれたら恵比寿だと答えるようにしようと思います。

といいますのもそんな彼ら(それっぽいこたち)の挙動がとても気になりましたからで。どこがというと・・・。
鳥肌が動いた、しゃべった、歩いた、ってだけで大笑い。面白い人を知っているあたしたちって、なんてすばらしいんだろ感が、じゅくじゅくとにじみ出すぎで。じゅくじゅく分泌物は、あなたの額に漂う脂っこい汗だけにしといてください。


ユンソナが弁当売ってた場所。コンビニに弁当買いに行った時にパチリ。
a0009432_12522714.jpg

[PR]

  by gomid | 2005-06-19 12:54 | 日記

弟よ、襖一枚、へだてて、今-2005/06/18

a0009432_14343296.jpg弟のことが好きなんです。
大学生の頃、サークル名簿の自己紹介に、「趣味:弟」と書いたくらい、それはそれは好きなんです。

がきんちょの頃は、とっても小さくてすばしっこくて、考えるより体を動かすのが好きなやつでした。
父・母・僕が読書している間、「じゃあ俺は走る!」と言って、茶の間を飽きることなくぐるぐる回り続けるような、小肉弾系なコドモでした。家の外でも同様に無邪気な弟を、僕もコドモながら影から見守り、時には表に出てまわりを威嚇し、過剰なくらいに守ってきた覚えがあります。弟も僕には当時から大きな信頼を寄せていたと思います。あれ、言い過ぎかもしれん。まあ、雰囲気だけでも感じ取ってください。

そんな彼も昨年春から働き始め、秋には人の気持ちと自分の気持ちをバランスよく尊重できる、超素敵な女の子とケコンし、それに伴いなんだか突然大人の階段を3段飛びで上り始めたみたいに、随分と大人びてきました。もしかすると、イベントによってこれまで徐々に変化していた状態が顕在化しただけなのかもしれないけれど。

今年のGWに彼らのおうちにおしかけた時にも、見事な大人っぷりで、様々な方法で歓待してもらいました。旬の藤棚見せてもらって、カラオケではしゃがせてもらって、夜遅くなってしまったのに豪華絢爛な手料理をご馳走してくれて、翌朝餃子が食べたいといや、すぐさま車でつれて行ってくれて。何にも考えずに、へらへらたっぷり楽しめた2日間でした。もちろん彼らも大いに楽しんでくれていたはずで、お互い兄弟想いで、無邪気に思いっきり遊べる関係がいまだに続いているってのはなんて素敵なことなんだろうと、とてもうれしくなりました。

で。こんな風に、三十路間近な僕が僕たち兄弟について、お互い好きだとかああしたいこうしたいと、なんだかとてもきんもち悪いこと言ってても未だに全然しっくりくるのは、我々兄弟が(親子も当然そうだろうけど)時にはライバルであっても、本質的には最大の理解者であり、無償でお互いのために様々な行動を起こしたい相手だからなんだろうなあと思うんです。そして僕たち自身が個人の利害と同等に、時にはそれ以上に大切にしたいという動機を、どこかに置き忘れることなしに大人になれたからなんだろうなあと。そう思うんです。

最後までありきたりな話で終わっちまいますが、若貴だか加藤鷹だかトゥクトゥクだかの騒動を見ていて、「~~の前に1人の人間」というのは、そりゃ基本的には間違いじゃないけど、「1人の人間である前に、、、」の関係を持って生きていけるというのは、きっと、とても幸せで、とても強いことなんだろうなあと思ったわけであります。

なーに当たり前のことをとうとうと書き連ねてるんだとお思いかもしれませんが、人を好きになることを、ここ数年ぱったりと忘れてしまった僕にとっては、そんなところから確認していかなきゃどうにもならなかったりするんですよね。お恥ずかしい話。
[PR]

  by gomid | 2005-06-18 14:35 | 日記

夕方の夢-2005/06/02

仕事帰りに夢を見ました。

18:00頃、気分が気分なので仕事持ち帰りで家路についたのですが、日比谷線の中でついうとうとしてしまいました。乗っている時間は15分程度。その中で見た夢も、たいそう短いものでした。

内容はこんな感じ。
複数人と対峙している僕。手を固く握り締め、拳骨を作っています。気張っている僕が前方のナニモノカを上目がちににらみつけて一言。

「カレーだけは俺を裏切らない・・・!」

ということで、晩御飯はココイチでカレーでしたとさ。
[PR]

  by gomid | 2005-06-02 21:04 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE