<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

7つあるきんのたまの1つを失いました-2005/07/09

a0009432_21472122.jpg

アルクールが、バリリンと逝ってしまいました。

キッチンでこの様を発見してしまったとき、過去も未来も失ってしまったような気分になりました。(ブログのネタにと写真を撮るくらいなんですから、まあその程度なのだろうという突っ込みはしないでください)

手にとってアルクールの割れっぷりを眺めていると、それもまた豪快というか天晴れというか、はたまた静かなる狂乱というか。死にっぷりまでみせてくれるなあと変に感心してしまいました。

2年間のお付き合いがこれで終わります。
家で飲むお酒が外で飲むお酒に肩を並べるほど好きになったのは、アルクールを手に入れてからでした。僕の生活をがらりと変えたグラスでした。

あまり擬人化して、キモいことばかり言うのも何なのでこれくらいにしておきますが、これだけは言っておきたいです。

いままでありがとさん。


追記:
あれ、ナンシーも見当たらない。。。なんだなんだなんだなんだなんだなんだなんだ。
[PR]

  by gomid | 2005-07-09 21:47 | 日記

Football Baton-2005/07/03

あんちゃんa.k.a.yoppyからFootball Batonを受けました。
かまってもらえるのがとてもうれしいお年頃なので、嬉々として書かせていただきます。

まずは前提の話から。

僕の生まれ故郷は北海道の室蘭という、全国でも有名な製鉄都市なのですが、そこはサッカーがおさかんな街としても少しだけ有名でして。18年間、十分な施設と指導者、そしてサッカーが大好きな同世代の仲間たちに囲まれて生きてきたんです。けど当時僕がはまったスポーツは、剣道、軟式テニス、硬式テニス。サッカーは疲れそうなのと痛そうなのと、コーチが怖そうなので、ずっと避けて通ってきました。けどよく考えると、剣道は上記全てに当てはまるんだよなあ。。。まあとにかく、サッカーの本質を全く理解していない人間なんだよといいたいわけなんです。

正直、たまに観るサッカーも、ウイイレを楽しむために観てるようなもんなんです・・・。今、隣で同居人がWE8LEに夢中になってます。僕も彼も、デボルティボの強さはウイイレの中で実感しているっちゅうことなんです。そういう時代です(彼はサッカー経験者なので、僕と一緒にはされたくないでしょうが)。

では、逝ってみましょう。


1.あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数
ええと、たしかウイイレ8、及び8LEはDVDだったですよね。


2.今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)
カリミ選手です。W杯アジア予選、日本対イラン戦@テヘランで、
イラン2点目のお膳立て(ハシエミアンへのクロス)をしているので、ご存知の方は多いかもしれません。以前当ブログにて取り上げたこともありますが、とにかく濃いです。しつこいけど、目が合っただけで妊娠しちゃいそうです。ちなみに来季からバイエルンミュンヘンに所属することとなりました。ダイスラー、バラック、シュバインシュタイガーなどなど中盤が揃っている中でのスタメン獲得はなかなか大変でしょうが、持ち前のファーストインプレッション・インパクトで、記憶に残る男として頑張ってほしいものです。
ちなみに次点はディミタール ベルバトフ(レバークーゼン)。


3.印象に残っているゴール
2002年W杯、決勝トーナメント1回戦、ドイツ対パラグアイ戦の、オリバー ノイビルのボレーシュート。開催期間中、なぜだかずっとフロリダに滞在しており、日本の試合以外はほとんど覚えていないんですけど(毎日朝の3時から観る気力はなかったです。他に面白いことがたくさんあったし)、VTRで観たのかニュースのダイジェストで見たのか覚えてませんが、このゴールだけはよーく覚えてるんです。技術的にどうだって話は置いておいて、僕が知っている中では、もっともすかっとさせてくれたシュートです。ちなみにロベルトカルロスのフリーキックなんぞもそういった類のものなのかもしれませんが、あれはすかっと、の前にぞっとしてしまうので、僕の中では評価は低いです。


4.好きな、または特別な思い入れのある選手5人
・ベルント シュナイダー(レバークーゼン)
パッキンパッキン音がするようなぎこちないボールの蹴り方なのに、そのパスは正確かつ強烈。そういや上記ノイビルのボレーシュートをアシストしたのは、彼だったと思います。ドイツ代表では、GKを除き最年長になってしまわれました。

・オリバー ノイビル(ボルシアMG)
まあ、そういうことです。ウイイレでの使い勝手も抜群です。

・エドゥ マランゴン(横浜フリューゲルス)
左利きで、パスの上手なヒト、といえば、フリューゲルスのエドゥーM(NotエドゥーS)だったような気がします。Jリーグエキサイトステージで、彼の華麗な左足さばきを表現したいのに、すぐに右足で蹴っちゃい、何度もげんなりしたのを覚えています。

・徳永 悠平(早稲田大学)
早稲田だからということと、スタミナがありそうなところに好感が持てます(多分、それだけのヒトではないのだろうけど)。本田氏、加地氏もそうなのですが、今の自分に最も欠けているものを持つヒトには、とても憧れます。

・フェルナンド モリエンテス(リバプール)
これもコンプレックスの裏返しなのかもしれませんが、ヘディングが強いヒトは大好きです。2003年CLでの準決勝あたりでのヘディングシュートを見て惚れました。ハシエミアンだとかダルコ コバチェビッチだとか、ハカン シュクルだとかヤン コラー(2004年欧州選手権での彼の胸トラップアシストには鳥肌が立ちました)も超もえます。


5.バトンを廻す1~5名
ブログを書いているお友達が圧倒的に少ないので、申し訳ないですが、指名は控えようと思います。残念。。。


以上、お目汚し、すみませんでした。。
[PR]

  by gomid | 2005-07-03 03:48 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE