<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

twitterってどうなのよ?-2009/07/31

今年の4月11日に、わけもわからず始めたtwitterですが、ここにきて、暇と体力にあかせてフォローするヒトを増やした結果、ようやく面白くなってきました

とはいうものの、具体的に何が面白いの?(または、どう役に立つの?)というおともだちの疑問にうまく答えられず、はがゆい思いをしていました

そんな中、こんなエントリーをキャッチしたので、リンクを貼っておきます
twitterの特徴が、わかりやすく具体的に書かれていると思います

Twitter = Social Networking Platform, Social Marketing Platform?(Geekなぺーじ)

mixiと違い、友達づきあいで無理やりやる類のモノではないと思いますので、興味があったら覗いてみて、さらに暇だったら僕をフォローしてみてください
[PR]

  by gomid | 2009-07-31 19:45 | 他サイト

ミライハコブネは、今季からリヨンを応援します-2009/07/30

というか、ゴミ選手をひたすら追います

リヨン、フランス代表FWゴミ獲得

「ゴミス」と書いている記事もあるんだけど、ギャラスかギャラかの違いと一緒なんでしょうね

いや、もちろんレバークーゼンも応援します

つか、リーグ・アンとブンデスリーガの試合を日本にいながら観る方法ってないんですかね・・・
[PR]

  by gomid | 2009-07-30 14:51 | 日記

ゲッカンプロボーラーのライブ@ASTRO HALLに行ってきた-2009/07/29

さる27日のことですが、超絶な自由を武器に、平日夜にライブに行ってきましたよ
といっても、家を出たのは20時半ぐらいかな
歩いて原宿まで行って、21時着
ゲツプロを観る前に、名前を知らないバンド1組と、CDJを使ったDJプレー2回を観ることが出来ました
CDJは、ステージやブースではなく、ほんと目の前のテーブルでプレーしていたので、じっくりと観ることができました
使ってるCDJ、家にあるのと同じのだったし、ちょっと刺激になったかな

a0009432_2332278.jpg


で、21時45分頃にゲツプロ登場
全6曲を聴くことができました

a0009432_23322388.jpg


ゲツプロって、ライブがアツいなあと、あらためて感じました
9番がCDJとミキサーをいじり、HIDE氏がサンプラーのボタンを押し、みちよさんがマイクに向かってストレートに歌声を聴かせてくれるという地味な絵になりかねないセットで、なぜかこの人たちははっちゃけてくれます
何がいいって、お三方がお客さんを見てくれるんですよね
しかもむっちゃ楽しそうな顔をして
特に9番さんは、月刊プロボーラー時代と全然変わらないイキっぷりで、ステキでした
HIDE氏も、さすが元ファンって感じで、七色ギャングスターの「レインボー」をかけてくれます(お客さんは、あんまりかけてなかったのは何でだろう。新しめのファンばかりだったのかなあ)
みちよさんは、ちょっと元気がなかったみたいだけど、間奏の間に9番にスーパードライを飲まされてて、面白かったです

しかし、好きなバンドのライブを、あんなかぶりつきで観ることができるなんて、ほんとラッキーだな、って思いました
楽しかったなー
[PR]

  by gomid | 2009-07-29 23:32 | 音楽

俺の二つ名-2009/07/26

二つ名とは、あだ名・通り名みたいなもの
「赤い彗星」とか「わがままな膝小僧」とか

このサイトで、勝手につけてくれます
二つ名メーカー


俺は、「パラドックスコンプレックス~歪空命題」だそうです

うーん、無意味に悩みすぎってことですかね・・・
[PR]

  by gomid | 2009-07-26 11:54 | 他サイト

100 Famous Rock Guitar Riffs-2009/07/25

何曲わかりますか?



僕はちょうど30曲でした
もっとわかると思っていたんだけどなあ
[PR]

  by gomid | 2009-07-25 14:38 | 音楽

或る音楽を観た-2009/07/24

高木正勝とその仲間たちの音楽創造を追ったドキュメンタリーフィルム、或る音楽を観てきました

鳥肌が立ちましたね
既に映画で取り上げられているアルバム「Tai Rei Tei Rio」を購入し、聴きこんでいたので、今回の彼の作品の凄みを理解していたつもりですが、高木氏の音楽への向き合い方、各曲が創造される様子、そしてその帰結としての演奏シーンを順序よく観聴きすることで、なぜその音楽が至高であると感じるのかがわかり、大変感動しました

気取らない、崇めない、押し付けない彼の音楽に、僕は酔うことが出来ました
というか、そういう音楽が好きだということに気づきました

すごいわ音楽家って

明日24日までですが、21時開始なので、観にいけるヒトは観にいったほうがいいと思います
[PR]

  by gomid | 2009-07-24 01:05 | 音楽

流星ダンサー-2009/7/23

待ちに待っていた、ゲッカンプロボーラーのニューアルバム「eREVEST」より、流星ダンサーのPVがようつべにアップ

オサレオサレしてなくてよかったです
見て見て!


[PR]

  by gomid | 2009-07-23 03:09 | 音楽

最近気になった音楽-2009/07/20

最近リリースされた曲という意味ではなく、なぜか知らんけど、よく聴いてる曲を何曲か。
HipHopが多いです

Sweet Robots Against The Machine - Free
わりと古めの歌だけど、PVn麻生&桃生のかわいさは異常



Keri Hilson-Knock You Down
KanyeとNe-yoが参加
R&Bだけど、どこかしら日本の歌謡曲を思わせるメロディー(俺だけかな)
Ne-yoってうまいなあ


ちなみにこいつらのカバーはクォリティが高い
Keri Hilson Knock You Down Neyo Kanye West (COVER)
Ahmirというひとたち
どうやったらこんなに音色を出せるんだろう



SHINGO☆西成 / たくらむRAP / BUZZER BEATS
SHINGO☆西成は、名前から避けてたんだけど、この曲はかkっこいいね
夜に聴きたい



Rhymester 逆feat. CKB/肉体関係Part 2
昔の曲だけど、こいつは盛り上がるわ
見所は、一人くそマジメなラップするDJ JIN
SEX!イーネッ


MICROPHONEPAGER - 改正開始 08
MURO&TWIGYのユニット
ゲストでB.D.とあのD.Oが参加
D.Oが意外にいい味出してるぜメーン
MUROのラップは、どうしても好きになれないなあ



DJ HASEBE feat.ZEEBRA&MUMMY D - Master Mind
スチャダラ以外で初めて好きになったラップ
CGが歴史を感じさせますね
しかしこの2MCはうまいねー



餓鬼レンジャー - 芸者屋
たまたま見つけたんだけど、出てたの知らなかった
ヨシもポチョも自分のスタイルが確立していて安心して聴ける
アジア臭のするトラックが多いのも好き



スチャダラパー/「Get Up And Dance」
LB Nationのみんなで歌う名作なんだけど、このバージョンは面子がさらにすごいことになっている
特に真心がステキ
ちなみにBOSEとANIのリリックは、From喜怒哀楽のもの



nitro microphone underground-SPECIAL FORCE
この人たちのリリックはたいした事ないんだけど、とにかくトラックがかっこいいから聴ける
トラックがかっこよくて、ライム、フローがそれにつられてかっこいいので、こういうのもありだなって思う
やっぱSUIKENがステキ
XBSとBIGZAMは、精進して欲しい



以上、だらだらと
スチャダラのGet Up And Danceだけでも聴いてみてください
[PR]

  by gomid | 2009-07-20 10:53 | 音楽

久々にCDを大量買いしたので-2009/07/12

先日フラフラっと渋谷HMVに行き、CDを6枚買いました
17000円ぐらいだったと思います
正直しんどいです

せっかくなので、聴いた感想を書きます

僕はただの音楽好きなので、あまり論評はせず、Just a感想を書こうと思います

■ゲッカンプロボーラー/eREVEST
メンバーが交代し、「月刊プロボーラー」から「ゲッカンプロボーラー」に変わってはじめてのアルバムです
これまでのステキな曲をリメイクした内容になってます
新ボーカルの本田みちよさん(overrocket)が、ゲップロのDOTEIな青臭いメロディーをどのように歌うのか、とても楽しみでした
化けたんじゃないでしょうかね
全体的に洗練された印象を受けました
ポップなんだけど、ブ厚いテキュノを聴かせてくれます
ボーカルにあまりエフェクトをかけていないのが好印象でした
みちよさんの声はナチュラルテキュノポップボイスだと思うので、存分に素材をいかせていると思います
ただ、マスターピースになったかといえば、ちょっと微妙かな
ゲツプロってなんなんだっけ?と、思い返しちゃったり・・・
よくよく聴くと、そりゃ違うのだけど、1,2回聴いた段階では、「これって、ゲツプロの歌をoverrocketがカバーしてるみたいだな」という感想を抱きました
実際overrocketのメンバーである渡辺氏とみちよさんが深く参加しているし、そりゃそうだって話だけど
セルフカバーアルバムとしても、電気グルーヴのフラッシュパパメンソールのほうが衝撃の度合いが大きかったですね
視聴した時点では超えると思っていたんですけど・・・
10点満点で10点な出来具合なのですが、10点満点で13点ぐらいを期待していたので、次回作に超期待です

特にオススメは、流星ダンサーと七色ギャングスターです
オリジナルがとてもキュートなので、当然といっちゃあ当然なんですけどね
※ちなみにiTMSで一番人気があるのは、I Love Youみたいです
なんでだろう
1曲目だからかな?

Perfumeのニューアルバムを買って、このアルバムをスルーするのは、ちょっとどうかと思うくらいオススメです



■DE DE MOUSE/Sunset Girls
何年前だったか、あんちゃんにファーストアルバムを聴かせてもらい、面白いヒトが出てきたなーとびっくりした記憶があります
このアルバムは2008年にリリースされていたみたいですね
いい意味でも悪い意味でも、「期待どおり」というのが、正直な感想です
10点満点で、9点かな
De De Mouseが好きなら、間違いなく買いだと思います
一度ライブに行ってみたいです



■TIGA/CIAO!
TIGAは、カナダのエレクトロなヒトだそうです
写真見る限り、イケメンです
エレクトロ界のBob Sinclairといった感じでしょうか
全体的に「来なかったミライ」感がわきます
Felix Da Housecatのエロスを薄めたような音というか
あー、だけど曲によっては、エロイのもあるねこりゃ・・・
セクロスの最中にかけとくとステキなような気もしてきました
10点満点で8点
オススメは、Luxury、Turn The Night On、Love Don't Dance Here Anymoreあたりかな
お金に余裕が出来たら、前のアルバムも購入しようと思います



■高木正勝/Tai Rei Tei Rio
日曜の昼下がりから夕方によく合う、オサレ音楽の創造者、高城正勝のアルバムです
高木氏のアルバムはこれで3枚目の購入だったと思うのですが、もう15作めなんですね
高木氏の音楽はオサレなんですが、聴き流してしまわず、やたらと記憶に残るのが特徴だと思います
本作では、それが顕著になっており、実にいとおかしです
「音楽とは?芸術とは?音楽が生まれる瞬間とは?なぜヒトは音楽を奏でるのか?その根源的で普遍的な問いに、真摯に向き合った」(Wikipediaより)アルバムだそうですが、だからといって堅苦しい、小難しい作品でもないです
電子音ではない生音が、実にドラマチックに、まっすぐ心に届いてきます
そしてなんと本付きです
曲ごとに連想される神話・民話・教典が編纂されています
とってつけた感はありますが、とても面白い試みだと思います
(神話って、体系を詞って初めて個々の意味がわかるものだと思うので、「とってつけた感」があるなあとおもったわけです)
10点満点で12点
オススメはCeremony、Tidal、Tai Rei Tei Rioあたり
こいつは期待以上の出来でした
おともだちに、自信を持ってすすめられる作品です
高城正勝、いい顔してるなあ・・・



■Perfume/(トライアングル)
今をときめくPerfumeのニューアルバムです
その名前や、雑誌でのメンバーの発言から、なにかと話題になっていましたが、いざふたを開けてみると、GAMEの延長線上にあるPerfumeらしい作品でした
これまでのアルバムよりも、よりダンスチューンになっているとかいうレビューがあったので、それはそれで期待していたのですが、いつもの中田サウンドでした
あえていうなら、ちょっと大人っぽくなった気がしますね
はしゃいでる感は、ないです
10点満点で10点
オススメは、Love The World、Dream Fighterかな
正直、後ろの曲まで覚えていません・・・
にしても、中田ヤスタカは、天才だね
今度はcapsuleを聴きたいです



■くるり/魂のゆくえ
まだ聴いてません


こんな感じっす
[PR]

  by gomid | 2009-07-12 14:00 | 音楽

みちよさんがこのブログを覗いてくれたようだ-2009/07/07

以前、こんなことを書いたんだけど、2番目に紹介したoverrocketおよびゲッカンプロボーラーのボーカルこと本田みちよさんが、この拙い紹介文を目にされたようだ

「お〜い、みちよさ〜ん♪」

・・・全然知らんかった
今気づきました
明日8日に、ゲッカンプロボーラーのセルフカバーアルバム「eREVEST」が発売されるということで、最近ちらちらゲツプロのマイスペを覗いていたんだけど、みちよさんのブログまではチェックしてなかったです・・・

うーむ、こんなことなら這ってでも昨晩のライブに足を運ぶべきだったな・・・
低気圧のせいか、体と頭が重かったので、スタミナを考慮してあきらめちゃった
つか、ライブ会場まで歩いていけるんだから、ちゃっちゃと行けよって感じですな・・・
次は今月末にライブがあるようなので、こちらには必ずや足を運び、「みちよさんと二度めの会話」を目指そうと思います
※一度めは、overrocketがPop Musicをリリースした頃にあった、六本木のクラブでのライブで
overrocketのステージが終わり帰ろうとすると、出口付近にみちよさんがいたので、思わず「すごくよかったです」的なことを伝えたのを覚えてます
「ありがと~」みたいなお返事でした

いやぁ、目が覚めちまった

BGM-ゲッカンプロボーラー/流星ダンサー


月刊プロボーラーの3rdアルバム「Disco Wars」に収録された曲のリメイク版
岸さんが歌っているオリジナル版も、ポップでキラキラしてて大好きだけど、
みちよさんが歌い、yasukikuta氏がリアレンジしたこのバージョンは、それを上回ったと思います
DOTEI度ではオリジナル、完成度では、リメイク版って感じ
「宇宙に飛び出す流星ダンサー」ってところのリメイク版のコードが、ステキすぎる
はやく8日になんないかなー

7/8追記:
リアレンジは、TAKARO NOZAKI氏でした。
すみまてん・・・
[PR]

  by gomid | 2009-07-07 05:32 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE