<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

高木正勝ライブin六本木ヒルズの感想-2009/09/23

昨日六本木ヒルズアリーナで、高木正勝ライブを観てきました

メンバーはTai Reiの時のオールキャストではなく、高木氏にボーカル&サズ(哀愁漂う弦楽器)、あと笛も吹いていたヤドランカ女史、馬頭琴&ホーメイの福井則之氏の3人でした

それでも十分音の広がりを感じさせてくれました
高木氏ソロのピアノも何曲かありました

全曲で十数曲、あしかけ1時間強のライブで、これが無料ってなんぞ、ってくらいすばらしかったです

Tai Rei Tei Rioの曲を中心にやってくれました

曲によっては電子音を非常に効果的にアレンジに加え、ピアノにマッチさせて独特のグルーヴ間を醸し出していました

個人的にはGrilsやTidalあたりが盛り上がりましたね
ミーハーなもので・・・
でもTidalはライブで聴いてみたかった曲なので、ほんとに嬉しかった(正直出来はそういいわけではなかったはず)

高木氏自身は、演奏にあまり納得いってなかったようで、しきりに椅子から立ち上がっては身体をぶらぶらさせたり、マイクの位置を変えたり落ち着きのない様子
最後のほうでは、メンバーに話しかけ、音を調整しながら演奏を続けるというユニークというかリハのような光景も見られました
事実上最後の曲は、3バージョン演奏しましたしね
こちらとしては、どれも趣ある演奏だったんですけどね、3バージョンとも

これを「出来がわりーな」ととることもできますが、俺は高木氏がまさに音楽を生み出すその瞬間を垣間見れたことでとても感動しましたよ

あんな天才肌でも、悩みに悩んで演奏してるんだなあと思うと、恥ずかしいけど少し勇気づけられたし

しかし、ライブであんなに自由にプレーするってのには驚きました
「最後の曲、変えよか?あの、ホーメイのやつに・・・」とか突然メンバーに言ってましたし

最後は運営側に促されて終了
ピアノに向かって模索中の高木氏に、すてーじにとつじょあがって話しかけるスタッフの厚顔ぶりというか空気が読めない仕切りっぷりにはしらけましたが、総じてステキなライブでした
(まあ、楽屋で待たされているタイバンが文句言ったのかもしれないけど、6,7分おし程度で、さらにはステージ上に堂々と上がってくるその手法は、演者も客もバカにしてるとしか思えなかった)

もうふとつ、印象的だったのが、高木氏制作の馬と女性をテーマにした映像作品
これは映画「或る音楽」で同時上映されていたものなのですが、当時はそのよさがまったくわかりませんでした
けど、今回音楽と合わせて観ることで、うっすらとその美しさを感じることが出来ました
抽象的な映像なんだけど、高木氏はけっこう具体的にアノ映像の中で物語を編んでいたのではないかなあと

とてもハッピーな、秋の夜を過ごせました
ほんと楽しかった

BGM-高木正勝/Girls


この映像も高木氏作
[PR]

  by gomid | 2009-09-23 15:10 | 音楽

U2 is not dead, ただし今回はDavid OReillyに相当助けられている-2009/09/23

U2得意のなんつうか青臭くて人間愛に溢れた歌はステキだと思います
Where The Streets Have No NameもWith Or Without YouもStayもBeautiful Dayも心に沁みます

けど僕にとってのU2 Best3は、The Wanderer、Discotheque、そしてLemon(特にPerfecto Mix)なんですよね
ニワカなのは百も承知だけど、大御所ロックバンドが、遊びじゃなく真剣にピコピコギュインギュインやってるのを聴いて、なんてかっけーやつらなんだって感動してました
そういう背景抜きにしてもかっこいい音楽だったし

んで、アルバム「Pop」の後かな、また青春人間愛ロックに戻ってからU2から離れ気味だったんですが、この曲を聴いて、「U2は全然死んでない!」と感動したのと同時に、ボロボロ泣けました
曲もステキなんですが、このビデオが泣ける

U2/I'll Go Crazy If I Don't Go Crazy Tonight

2009年2月リリースのアルバム「No Line on the Horizon」(U2っぽい名前だよね)に収録されている曲です
will.i.amがプロデューサーとして参加しており、映像をつくったのは、David OReillyというヒトだそうです
彼のサイトにいくと、作品が見れます

さらっと観たけれど、この曲のストーリーが一番好きでした
やっぱもう少し生きようかなあと思えました(キモ)

マイコーのThrillerの頃からそういう試みはあったんでしょうけど、特にここ最近、音楽を単品で楽しむのではなく、映像にしろ、ダンスなどのパフォーマンスにしろ、写真集にしろ、活字にしろ、いろんなモノと合わせることで、美しさやおもしろさや刺激を増幅させるっていうのが常道になってきてるんだなあと感じました

今日(昨晩というべきか)、高木正勝のライブを観たのですが、そこでも音楽と照明と高木氏が製作した映像が融合することにによって、六本木ヒルズアリーナに彼の世界が見事につくりだされていました
CDで聴くよりも飲み込まれましたよ

てことで、この曲のよさの半分は、David OReillyから出来ていると思います
[PR]

  by gomid | 2009-09-23 01:41 | 音楽

もう一つの21世紀のブギーバック-2009/09/20

親友のノッカムが、ヤツのブログで「ソウルセット+HALCALIのブギーバック」として紹介していたのが、どう聴いてもHALCALIとソウルセットに聞こえなかったので、ちょっくら調べてみたんですけど

これがものすごくかっこいいです



びっくりした
ソウルセットバージョンよりロックでビートが強いです
ボーカルも本格的に歌ってるし(いや、HALCALIも本格的だけどさ)
ギターが前面に出ていて、超今どきな仕様です

でまあ、かるくググったらすぐ誰がやっているのか出てきて
noelleという女の子ボーカルが、Dr.USUIというヒトのプロデュースで歌っているみたいです
こんなずっこいコンピをつくってます
やばし

noelle official Home Page


しかも、noelle版ブギーバックがリリースされたのは、2009年3月のこと

日産キューブCMの前だよね!?

友人のノッカムは、「HALCALI、この歌をカバーしたんじゃね?」
と言ってます今隣で!!

だけど、どっちが素晴らしいかといえば、まあ、聴いたヒトが判断してください

僕はどっちも好きですよ

けど、noelleバージョンのほうが、衝撃的でしたね

追記:
moraでDLして3回ほど聴いた時点で気づいたんだけど、これって完全にSpace Cowboyの後追いですね
いや、かっこよければいいんですけどね
どっかで聴いたことあるなあと思っていたら、そういうことか
[PR]

  by gomid | 2009-09-20 01:02 | 音楽

21世紀のブギーバックをテレビで観た-2009/09/19

昨晩初めて「キャンパスナイトフジ」というTV番組を観た

というのも、Tokyo No.1 Soulset+HALCALIがライブ出演すると聞いたから

そう、日産キューブのCMソング、今夜はブギーバックのカバーを初披露したんだよね

もうワクワクしすぎて、1時間前からテレビの前で正座して待ってました(嘘)

だって30過ぎのおっさん世代の青春ソングだからね
しかもソウルセットが曲をつくってるっていうのが、往年のファンを泣かせるんですよ
知る人ぞ知るバンドだけど(メジャーレーベルにいるヒトだからそんなことはないのかな)、スチャダラパーの往年の盟友みたいなもんだから

で、ライブを観た感想としては、「まあまあ」

HALCALIもよかったし、音もかっこよかったし、これといって悪い点はなかったんだけど、CMバージョンから特に目新しい発見がなかったんだよね
BIKKEなんか、ただ旗持って煽ってただけだし

フルバージョンでBIKKEがラップするのかわからないけど、リミックスじゃないんだから、もっとソウルセットらしさが出てもよかったと思う(元がCM用ってのもあったんだと思うけどさ)
いや、たしかにブギーバックでBIKKEがラップって、いいのかどうかはちょっと疑問だけど・・・
ただラップを省略しちゃうのは、ちょっといただけないかな

23日に期待です

しっかし曲紹介した女子大生が、オザケンもスチャも知らないようで、かみまくって紹介していたのは、おじさんショックでした・・・


追記:
振るバージョンにラップがないことが判明
これは残念
BIKKE空気(笑)

ポップさを前面に出すための選択だったんだろうか
まあオザケンもラップなしリメイクしてるし、ないとまでは言えないけど

ワクワク感がまったくないです
残念

僕はそれでもCD買うけどね
応援の意味も込めて


[PR]

  by gomid | 2009-09-19 16:07 | 音楽

大沢伸一のTEPPAN-YAKIを聴く-2009/09/18

大沢伸一リミックス集の感想です

前提:
そもそも「アルバム」ではなく、これまでの彼の仕事集なので、アルバムとしての作品性とかは問いません

タイトル:
自分でテッパンとか言ってるのが、ものすごく驕っていて不快
そういうこと考えながらリミックスしてたのかなあと思うとね

曲数:
この場合、アルバムではないので、曲数が多いのは素敵なことだと思います
やっぱりCDっつうのは、コンテンツそのものに値段がついているのではなく、生産・流通・販売・宣伝でかかったコストがその値段を決めていることがよくわかります

作品のリリース時期とリミックスのスタイル:
元ネタのリリース年から見ると、ほぼ2005年以降の作品(FPMのEupholiaだけ2003年リリース)
ということで彼のリミックス人生のことはよくわからないんだけど、いわゆるエレクトロ的なリミックスが大半を占める内容に

総論:
大沢のエレクトロが好きなら間違いなく買い
ほとんどの元曲を、これでもかというくらい共通のメソッドで大沢式エレクトロにしてしまってます
具体的な要素は、ギターのような役割を担うビリビリと鳴る電子音のリード、ピュンピュンっていうYMO以来使われているベタな効果音、ポップでエモーショナルなベースライン
これが好きならおなかいっぱい満喫できます間違いなく
数年前に出たアルバムに入っているStar Guitar(ケメブラのカバーね)みたいな音を思い浮かべてもらえればわかりやすいかと

しかしながら、これは飽きる
もちろん、それぞれのリミックスはこのように1枚のCDにまとめられることを想定していなかっただろうし、クラブで1曲2曲流れるなら、気にはならないかもしれません
彼のリミックスは、彼の個性という言葉を飛びこえて、あまりにも酷似しすぎていて(言い方を変えれば、どんな元曲でもほぼ同じ対応、上で言ったメソッドをタダ当てはめただけ)、さすがに食傷気味になりやすいんです

飽きられたら、また面白くて、最新のアツい音で作品つくればいいじゃんって考えでやってるのかもしれないけど、これからの時代、全ての時代の作品が音楽シーンでライバルとなっていくのに、短期間で消費され、見向きもされなくなるような消耗品音楽をつくるのは、いかがなものかと思います
すげえ余計なお世話だけど

それ以上に、「俺的にアツい!」フレームに、どんな曲でも無理やりはめこむことで、元曲のよさを完全に消し去っている作品がちらほらあることが問題
ほんとにこんなリミックスが最適なの?ってのが多すぎ
特に2006年以降の曲に見られがち
大沢氏は、かっこいい音楽を沢山知っていたり、自分で生み出す力がある人だと思うので、ほんと残念

後世まで聴き続けられるのは、FPMのEupholiaぐらいで、あともしかするとDigitalismのPogoとPlaidのWhite's Dreamが残るかもといったところ

つかそこまで自分メソッドに自信あって、ここまで元曲のよさを塗りつぶしてしまうのなら、オリジナル作品つくればいいのにね

過去にBirdやUA、BoAをフィーチャリングした名曲、そして最近ではOur Songというすばらしい作品を残しているのだから、
もうちょっとなんとかなりませんか、大沢さん

------
で、ここから全曲レビュー
長いよ
26曲だから・・・

*Remix名は省略します
Digitalism/Pogo
元曲がステキなのもあるけれど(ギターがNew Orderっぽくてイイ!)、大沢メソッドとの相性も抜群でキュンキュンしますね
知ってたけどお見事
このリミックスとOur Songがそっくりだって批判をネットで見かけたけど、僕はパクリには聴こえませんでしたよ

Lost Valentinos/Thief
ノコギリ音がうるさい
ビリビリ言わせときゃOKって感じだね
ベース音が前に出てこない曲は、僕の好みじゃないってのもあります

Boys NoizeFeel Good(TV=OFF)
ふつう
大沢式エレクトロで、クラブ向きな仕上がり

The Whip/Blackout
あーそうそうこの音この音、この構成この構成って感じのリミックス
大沢の新曲って言われたら、100%信じちゃいますねこれは
好きなヒトは好きだと思います

Cazals/Poor Innocent Boys
これも大沢メソッドど真ん中
こんな音を待ってんだろ?パーレーピーポー、って感じ
好きなヒトは好きなんじゃないでしょうか
前曲のBlackoutとつながって聴こえちゃいました


Tomas Andersson/Washing Up
わりとリズムパートでのらせる仕上がり
キャッチーではないけれど、まあまあじゃないでしょうか
クラブでしれっとかかってそうです
つなぎの曲として

Rubies/Stand In A Line
聴き始めてすぐ、これはもしや全然ダンスミュージックじゃないものをリミックスしてるのでは?と思ってYoutubeで検索してみると、やっぱりそうでした
もともとダンスミュージックの要素を持っているものをリミックスすると、得意のギュインギュインビリビリ音を多用し、切り刻み(切り刻むのはリミックスとしては常道ではあるけど)クラブチューンであるがためにエスカレートしていく傾向がありますが、このリミックスは落ち着いてるし、元のメロディーをいかしているなあ
とおもっていたら途中から大沢メソッドがスタート
プシッって感じの乾いたスネアとビリビリ音
Star Guitarのアレンジと一緒だわ
けどまあ、元曲をいかしてはいる

Mighty Dub Katz/Magic Carpet Ride07
元曲は、BPMゆるめのちょっとシュールなテクノ
こいつを超アゲアゲな4つ打ちエレクトロにした腕前は、さすがとしか言えません
いいリミックスですねこれは

Felix Da Housecat/Radio
僕はFelix Da Housecatの大ファンなので、どうしても辛口になりますが
同じピコピコ系であっても、元曲が持っていたワクワクするミライ感とほとばしるエロスが台無しになってます
これ、このままクラブでかけることはないでしょ
じゃあなんでこんなハンパなリミックスしたんだろ
つうか後半またもやStar Guitarじゃねーかよ・・・
この大沢リミックスを、さらにFelixがリミックスするといいんじゃないでしょうか

Van She/Kelly
ピューンピューンっていうシューティングゲームの効果音みたいなの、ほんとに好きみたいだね
でまた、大沢メソッドど真ん中なりミックス
音も構成も一緒
これ、元曲がとってもステキです
元曲のほうが、僕をロックしてくれます
リミックスだからといって、ここまで別のつまらない曲にしてしまうのはどうなんでしょうね

Bug Raiders/Turbo Love
このリミックスは、上手だと思います
クラブ仕様で、構成もユニークで、飽きないつくりになってますね
元曲がクラブ界隈で有名だから、しっかり仕事したのでしょうか
それとも元曲の完成度が高いから、あまり変にいじれなかったのかしら

Christpher&Raphael Just/Popper
「Distortion Disco Mix」と言ってるだけあって、テクノディスコな出来ばえ
シーケンスの音が8ビットっぽいので、ビリビリうるさくなく聴きやすいし、Discoノリなので、酸欠を起こさずに踊れそうで好みです

Alex Gopher/Aurora
可もなく不可もなく、です
これもクラブでしれっとかかってそう
使いやすそうだなあと
Alex Gopherのリミックスが入ってるんだぜよ!とプッシュしているわりには、こんなもんすかね、と物足りず

Popular Computer/Lost & Found
またピュンピュンいってます
アルバムじゃないからあまりこういうこと言いたくないけど、飽きますさすがに
ただ、元曲をいかしたリミックスではあると思います
悪くはない
どうせならもっと思い切ってスペーシーにしてくれたらよかったのになー

EEAAは、オリジナル曲なのではしょります

安室奈美恵/What A Feeling
つくってるヒトしかおもしろくもなんともないリミックス
せっかくの大ネタなんだから(アムロがではなく、Flash Danceが)おもいっきり煽る構成にして欲しかった
チャラ箱で、「そーれそれそれ」とかいわれる感じの
これはオナニーですね
一点褒めるとすれば、だっさださだった歌詞がほとんど聞き取れないことかな

土屋アンナ/Ah Ah
大沢メソッドど真ん中なリミックス
ちょっと前のアルバムで同じような音を何度も聴いてるよ
とはいっても、この曲に関しては、大沢メソッドがとてもマッチしてます
元のロック感をあまり損なわず、エレクトロに化けさせているところはすばらしいです
これはかけると盛り上がるんじゃないでしょうか

Minmi/The Perfect Vision
本リミックス集の中で、最低の作品
元曲のよさを完全に消してます
緑と赤と黄色でキレイに描かれた壁の絵を、銀のペンキでべったべたに塗りつぶしたようなリミックス
こういうのを原曲レイプっていうんでしょうね
これはあれっすか、仕事だから仕方なくやったんですかね
ほんとはうまくいかないこと、知っていたのに、偉いヒトの指示でやらざるをえなかった仕事だったんですかね
大沢メソッドを超無理やり着せた作品
なんとなく想像できるのではないでしょうか

m-flo loves LISA/Tripod Baby
元曲の「Lisaがいた頃のm-flo」的な空気を完全にシャットアウトしてるので、最初とても不安になる作品だけど、元曲の流れとLisa、Verbalを尊重しているからか、良質なエレクトロに仕上がってます
Lisaの歌声が、ハウスにマッチするというのもあるかもしれません
この曲は4年前からよく聴いてますが、飽きないですね
曲にコードがない?感じで最後まで進むので、ひたすら同じテンションでロックされる作品です

浜崎あゆみ/Startin'
んー、この曲は、リミックスに困っただろうな
浜崎臭がキツすぎて、いくら煮込んでも臭い料理みたくなってます
浜崎女史の曲は、トランスにするしかないんじゃないですかね
大沢氏がどうってはなしではないなあと思いました
仕事だからやったんでしょ

Girl Next Door/情熱の代償
どうやったらガルネクとかいうヒトの、15年前にELTがやりつくしたような、またはゼロ年代初めにDay After Tomorrowがやっていたイモっぽい音楽をシャレオツに出来るのだろう、と考えた結果がこのリミックスじゃないでしょうか
ボーカルへのエフェクトのかけ具合とか、秀逸だと思います
あと相変わらずの大沢式ベースラインに、ビリビリリード音ね
これを機に初めてガルネクのお歌を聴いたんだけど、これはこれで、好きなヒトはいるんじゃないですかね
ネットの評判があんまりだから、ちょっとびっくりしました
そこそこは売れるでしょこのヒトたち
カラオケでも歌いやすそうだし
という意味では、あまり秀逸なリミックスともいえないような気がします
元曲で十分でしょ
リミックスしたからといって、クラブでかけるヒトはいないと思います
J-Popミックスでも、かかるのは元曲のほうでしょ

DJ OZMA/Masurao
このリミックスを聴いてもまったく元曲の想像がつかなかったのでYoutubeに行ってみたのですが、簡単に言うと、ディスコ風時代のモーニング娘。みたいな歌なんですね
それを踏まえると、大沢氏、おつでした!っていう作品になってます
ここまで跡形もないのは、リミックスとしては大いにアリだと思います
つか、この作品は、DJ OZMAの声をちょこっとサンプリングしたオリジナル作品だと言っても過言ではないでしょう
つかほんと、こんなリミックスやるならオリジナルつくりなよ・・・

Rosso/Clover
元曲はたぶんロックだと思うんだけど、あれだね、大沢氏はロックをエレクトロに変換するのをそつなくこなすヒトなんだね
Mondo GrossoでBeastieのFight For Your Rightをカバーしたのなんか、まさに「そつなく」って言葉がしっくりきますよね
ドラムが打ち込みっぽくなく、あくまでもエレクトロ風なロックなのがいい塩梅になっていると思います
ライブで聴きたいですねこれは
EQグビグビさせまくって

Fantastic Plastic Machine/Eupholia
大沢リミックスの中で、至高の作品です
元曲をいかしている点、空間の広げ方、疾走感、たぶんリミックスの段階でつけた歌詞、起用した男性ボーカル、ブレイク時の煽り方、音の普遍的な清廉さ・・・完璧です
日本のハウスミュージックシーンにおいて、燦然と輝き続けるんじゃないですかね
とにかく一度聴いてみるべきです
この曲だけ買うのもありだと思います
FPMのベスト版にも入ってます
あとサウンドコンシェルジェの何番目かにも

De De Mouse/Light Night Dance
これは元曲が非常にハイクォリティなので、下手打たない限りよいものになるとは思うのですが、大沢メソッドにより、見事に4つ打ちエレクトロに変換してます
DE DE MOUSE特有の奇妙な歌いまわしが、大沢氏のビリビリエレクトロにしっくりきてるのが面白いです
これは既にいろんなクラブでかかりまくってそうですね

Plaid/White's Dream
このリミックス集を手に入れて、一番のサプライズがこの作品でした
面白いコード進行に、たんたんと4つ打ちキックが時を刻む感じで、激しくはないのですが、聴くととても元気が沸いてくる音楽です
Plaidってヒトは知らなかったんですが、90年代から活躍しているテクノ・エレクトロニカな音楽をつくるヒトたちみたいですね
元曲も聴きましたが、とってもきれいで幻想的な曲です
Plaidの作品を手に入れたくなりました
Plaid版ではなく、大沢リミックスのほうが元気が出るので、このリミックスはとても価値があるものだと思います
これはいい仕事してるなあ

Shinichi Osawa/Main Street Electrical Parade
ご存知エスパー伊東のテーマですね
ピュンピュンビリビリいって、大沢色のちょっと切ないベースラインですよ
それ以上でもそれ以下でもないです
悪くはないけど、そういいわけでもありません
大沢+ディズニーは、面白い組み合わせではあると思います
ジブリ+DAISHI DANCEの200万倍いいです
何が優劣を分けるのかといわれれば、俺の好みとしか言えませんけどね
どっちもモテ曲だし

以上、疲れた
[PR]

  by gomid | 2009-09-18 01:34 | 音楽

うーむ-2009/09/05

むむむむ・・・。

a0009432_18202833.jpg

[PR]

  by gomid | 2009-09-05 18:20 | 日記

ジェニーはご機嫌ななめ今昔-2009/09/02

掟ポルシェがタマフルでPerfume Mixかけたとき、気になる曲がかかっていてですね
曲調が今の中田サウンドと明らかに違っていて、
けれどもアイドルとしては非常に正しい曲だったんですよ
掟氏がDJやりながら歌の中でコールをしていたし、もうほんとアイドルど真ん中で、
それはそれでとてもエキサイティングだったんですね

でまあ、ニワカな僕は、WikipediaとYoutube使ってちょいちょい調べていたら、この曲であったことがわかりました(タマフルのサイトでは、この曲がリストから漏れていた)

Perfume/ジェニーはご機嫌ななめ
のっちがエロい!それにつきますね
アレンジは中田氏なのかなあ


ちなみに元歌はこれ
ジューシイフルーツ/ジェニーはご機嫌ななめ
こっちのほうが、なぜかテキュノポップに聴こえますね
オリジナルのほうが好きです


GO!GO!7188のカバーもよさげです

いつか、「ゆかちゃーーん!!!」とかコールしてみたいです
[PR]

  by gomid | 2009-09-02 21:39 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE