入居を断られるの巻-2004/09/03

また一からやり直しです。

ランチタイムにのん気にWE8 MLレポートの原稿を書いていたら、不動産屋から電話が。審査が通ったにもかかわらず、別の人を入居させることが決まったとのこと。「親戚の人が入居する」と言っていたが、そんなのは当然嘘っぱちで、僕より後に申し込んだ、僕より条件のよい人を入居させることにしたのだと思います。信頼関係も道理もあったもんじゃない、超売り手論理ビジネスは、近いうちに成り立たなくなるのは自明のことでしょうが、情報流、金流、人流、物流をがっちりとつかんでいる彼らに今は完敗です。
この一件は、立地も設備も大変気に入っていたので残念だけど、ちょっと煽られ気味だった僕の引越し願望を、少し沈静化させることになりそうです。今の部屋には10月を越えてもいてよいと言われているので、当初の予定通り、10月初旬の引越しの方向で予定を立て直そうと思います。

で、今回の件で分かったこと
・仲介業者は、管理業者より弱い
・今お願いしている仲介業者は、自分たちの手数料を減額するオプションを持っている
1点目は分かりきっていたことですが、2点目で担当営業マンの根性を見せてもらったので、もう少しお付き合いしようと思います。

がんばれ、タカハシ君!


私信:君のコトについては、また次の次あたりに書こうかと思います。
[PR]

  by gomid | 2004-09-03 13:57

<< WE8なんぞをやっている暇はあ... イニシャルコスト、確定するの巻... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE